タイトル
ライン
【JICAによる民間連携ボランティア制度でタイの野球普及に尽力】

2018年06月26日

 20179月より弊社役員である浅野目が独立行政法人 国際協力機構(以下「JICA」と言う)の民間連携ボランティア制度を活用してタイ王国スパンブリーに行っています。

 JICAでは、様々な国へ日本人の優れた人材をおくり発展途上国への国際協力を行うことを目的としている団体です。

 

 弊社では、この取り組みでタイ王国より期待されていることは「野球普及」です。野球という言葉に親しみがない人が多かったタイにて野球の普及を図り、将来的にはプロチームを作りたいというタイ王国としての目標がある。

 その目標の実現に向けたサポートをするために現地にて日々中高生を対象に野球指導を行っています。学校の授業として指導をすることと、野球部に対する指導をしています。

 日本国を始め台湾でも展開している野球スクール事業の実績を"日本式"としてタイでも活動をしています。

 

 現地での活動の様子や弊社役員で現地の活動を主体的に推し進めている浅野目のインタビューが動画サイトにアップされていますので、是非ご覧下さい。


グローバル人材を育てる青年海外協力隊

 *9:00頃から弊社の特集となっています


民間連携ボランティア現地活動編

 *弊社役員 浅野目のインタビュー内容です


現在、タイの子ども達を日本へ留学させるためのプロジェクトも動かしています。関係各社の皆様のお力添えも頂きながら実現に向けてこれからも活動をしていきたいと思います。

 

(本件に関するお問い合わせ)

●担当者

スポーツデータバンク株式会社

経営企画室 筑井(つくい)

TEL 03-5823-7322  MAILs-tsukui@sdb-group.co.jp

ページアップ